イグニッションのトラブル

先日、走行中にインフィールドで突然エンストして停止しました、再始動をトライしましたがかかる気配が有りません。

一般的にはプラグのトラブルが多いのでプラグを交換してみましたがやはりかかる気配が有りません、こりゃどこか壊れたかな〜?

サイドカバーを外してコイルの緩み、ギャップの変化などを点検するも異常は無い。

シリンダーを分解してエンジン内部を点検するがピストン、クランク、ピストンリング、ベアリングと不具合は顕在化できない。

再度、組み込みを始めてイグニッションコイルを付ける段階で気になる点を発見。

キルスイッチの端子カバーにシリンダーフィンと当たって凹みが付いています、被覆は破れていませんでしたがリークも考えられるのでシリンダーフィンの当たる部分を軽く削って隙間を確保しました。

ここは接触するとキルスイッチを押した状態と同じになってエンストします。

更に、コイルのプラグコード差し込みがグラグラしているのを見つけました。

写真の部分です、コイル側のタッピングスクリューネジにコードを回しながら締め込んでいくタイプですが振動などでガタが出てルーズになったようです。

差し込みをやり直してしっかりと取付しました。

固定用のグロメットラバーを瞬間接着剤で固定するのも対策になるかもしれませんね。

組み直してからエンジンを掛けてみましたが一発で始動でき調子も元通りです!